英語の絵本たち

英語の絵本も面白い。Caldecott賞、Notable Children bookを中心に選んでいます。興味があったら購入できるようにと各本にアマゾンと紀伊国屋書店のリンクを貼っていますがアフィリエイトはしていません。アメリカ在住。

Voice of Freedom by Fannie Lou Hammer Spirit of the Civil Rights Movement

f:id:eigonoehon:20170811084832j:plain

https://www.amazon.com/Voice-Freedom-Fannie-Movement-Informational/dp/0763665312/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1502408687&sr=1-1&keywords=Voice+of+freedom ←ここで買えます(米国アマゾン)

Voice of Freedom : Fannie Lou Hamer: the Spirit of the Civil Rights Movement (Robert F. Sibert Informational Book Honor (Awards)) / Weatherford, Carole Boston/ Holmes, Ekua (ILT) - 紀伊國屋書店ウェブストア  ←ここで買えます(紀伊国屋書店)

Amazon CAPTCHA ←ここで買えます(日本アマゾン)

 

☆受賞歴☆

A 2016 Caldecott Honor Book コールデコット

A 2016 Robert F. Sibert Honor Book

A 2016 John Steptoe New Talent Illustrator Award Winner

 

☆ストーリー☆

1964年に米国で公民権法が制定されましたが、この本は、それ以前に、人種の意識が認識されていく中で、差別と闘った一人の黒人女性ファニー・ルー・ハマーさんの人生です。投獄されたり、殴られたりしながらも、最後まで戦いつづけた彼女の壮絶な人生の物語。

 

☆感想☆

米国の公民権運動の始まりと言えば、ローザ・パークスから始まるバスのボイコット運動が有名ですが、ハマー氏の物語は、それよりも少し前から始まります。個人的には、公民権運動の高まりの中における投獄や殴打はTVや映画などで見ましたが、子宮をとられてしまう事実は生々しく、おそらく、子孫を作らないためであるとともに、妊娠によって労働力を削がれるのを避けるためだと思うと、それは人間が人間に対する行いとは到底思えず、人種差別の根深さを垣間見るような気がしました。

 

☆読み聞かせるなら☆

1年生後半から。絵本ですが、文字が多く内容も難しめです。