英語の絵本たち

生まれた直後から本を読み聞かせていたら、すっかり習慣になりました。キンダーまでは日本語、小学1年生からは英語の本を読み聞かせています。Caldecott賞、Notable Children bookを中心に選んでいます。思い立って記録し始めした。興味があったら購入できるようにと各本にアマゾンと紀伊国屋書店のリンクを貼っていますがアフィリエイトはしていません。アメリカ在住。

Mirette On The High Wire /つなのうえのミレット by Emily Arnold McGully

f:id:eigonoehon:20171114235240j:plain

https://www.amazon.com/Mirette-High-Emily-Arnold-McCully/dp/0698114434/ref=sr_1_sc_1?s=books&ie=UTF8&qid=1510670553&sr=1-1-spell&keywords=mrriette+on+the+high+wire→米国Amazon

https://www.amazon.co.jp/Mirette-High-Emily-Arnold-McCully/dp/0698114434/ref=sr_1_1_mimg_1_book_display_on_website?ie=UTF8&qid=1510670582&sr=8-1&keywords=mirette+on+the+high+wire→日本アマゾン

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-02-9780698114432→紀伊国屋書店

https://www.amazon.co.jp/つなのうえのミレット-エミリー・アーノルド-マッカリー/dp/479990020X/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1510670582&sr=8-5&keywords=mirette+on+the+high+wire→日本語翻訳版@日本アマゾン

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784799900208→日本語翻訳版@紀伊国屋書店

 

☆受賞歴☆

A Caldecott Medal Winner

 

☆ストーリー☆

ミレットという母が営む宿屋を手伝う少女と、そこに泊まりに来た超有名だけれどスランプ気味の綱渡り士ベリーニの交流の中で、少女が自分の才能に目覚めていく過程と綱渡り士がスランプを克服していく過程の物語。

最初、作者は、実在のフランス人曲芸師Charles Blondin(1824-1894)の自伝を書こうとしたそうですが、少女との交流の話に変えたそうです。